恋愛・失恋の名言

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら恋をしてはいけない。でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。

投稿日:2017年9月6日 更新日:

恋をすることは苦しむことだ。

苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。

でもそうすると、恋をしていないことでまた苦しむことになる。

アメリカの映画監督であるウディ・アレンの名言です。

 

恋は自分本位であり、片思いです。

 

それを”愛する”に昇華するまでの過程には、思うようにいかない場面も多いでしょう。

 

本当に苦しいのは恋をすることか?恋をしないことか?

恋愛に限らず、挑戦する事は苦しみを伴い、痛みや苦しみを経験してゴールに向かうものです。

 

その思いが本気であればあるほど、自分の行動は好きな人の望むように合わせていってしまい、いつしか思いとは裏腹な経験もしてしまうでしょう。

 

「好きにならなければよかった」なんて思うこともあるでしょうが、恋に悩む人は、そうでない人よりも沢山成長する機会があります。

 

自分本位では上手くいかない事に気づいたり、自分を必要としてくれることの大切さを思い知ったり。

 

上手くいかないかもと思っても出来る限り足掻いて、それでもダメだったら、その恋はまだあなたの人生を決めるものではなかったということです。

 

その時に残るのは、苦しかった思い出だけではなく、それ以上に精神的な学びを得たという貴重な経験です。

 

失敗を重ねて、恋は成就する

初めから全て上手くいく事の方が珍しく、大抵の人は色んな人を好きになってその度に失敗を重ねていきます。

 

失敗とは苦い経験のことであり、そこから学びを得て次に生かし続けている限りは失敗にはなりません。

 

人生に失敗した人の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたか気づかなかった人達である。

 

もしあなたが失敗だと思うのであれば、それは人生を決定づける恋の成就に向けたプロセスであり、マイナスに考える必要は一切ありません。

 

成功のためにプロセスは不可欠であり、それはどのような道筋を辿ったとしても間違いはありません。

 

あえて失敗が何かと言われれば、それはプロセスを失敗だと捉え、失敗の可能性を恐れて何も始めない事です。

 

恋をする事で苦しむこともありますが、それは全て前向きなものだと考えてみてはいかがでしょうか。

             







             
             

-恋愛・失恋の名言
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【失恋から立ち直るための名言】あつーいお風呂に肩までつかっても癒やせない、そんな悲しみがこの世にあるとは思えません。

あつーいお風呂に 肩までつかっても癒やせない、 そんな悲しみがこの世にあるとは思えません。 アメリカの作家・小説家であるスーザン・グラスペルの名言です。   失恋した直後は、自分ほど不幸な人 …

あなたが笑えば、世界は輝くんです。

あなたが笑えば、世界は輝くんです 2013年に日本テレビで放映されたドラマ「泣くな、はらちゃん」に登場する、百合子さん(薬師丸ひろ子)のセリフ(名言)です。   漫画の世界から飛び出してきた …