人間関係の名言

【人間関係の悩みやストレスを減らせる名言】落ち着け。 人を恨んで自分をダメにするな。

投稿日:2017年10月12日 更新日:

落ち着け。

人を恨んで自分をダメにするな

20世紀を代表するオーストラリア出身の指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンの名言です。

 

人を呪わば穴二つ

 

ひどい事をされたり、誰かの失敗の後始末を行ったり、なんで自分がそんな事をしなくてはいけないのか分からなくなり、自分以外の誰かを恨んでしまう事ってありますよね?

 

自分に責任が無いのに、なぜ自分が責任を取ったり、怒られたりしなくてはいけないのか分からない。

 

その原因を作った張本人を恨み、結果人間関係がギスギスしてしまう。

 

それはそれでマイナスではあるのですが、相手を恨む事で得られる事などは無い。

 

今回は20世紀でも最も有名な指揮者カラヤンの名言を紹介させて頂きます。

彼は当時レコードやカセットテープが主流だった時代に現れた、CDの録音時間を決定する際に、CDを開発した当時のソニーの担当者がカラヤンのベートベン第9番目にして最後の交響曲として有名な通称「第九」の録音時間分になるよう設定づけたのはあまりにも有名です。

 

結局のところ相手も恨んでも、相手は変わらないし、自分はストレスが溜まるだけ!

厳格にして完璧を求める気質が強かったカラヤンですが、きっと彼が普段オーケストラの指揮やリハーサルを見ているときに、必ずしも彼が考えている理想通りの演奏にならないケースもあったのでしょう。

 

そのような時に、自分ではどうにもならない事柄に対して、おそらく始めはその相手を恨む事で感情と折り合いをつけていたのかもしれません。

 

優秀な人にありがちなのですが、自分が簡単にできること、理解出来る事を周りの人ができない事や、その結果足を引っ張られる事を極度に嫌う傾向があります。

 

今でこそカラヤンは20世紀を代表する偉大な指揮者として伝えられていますが、彼も若い頃にはその様な記事が合ったのかもしれませんし、そのような事を想像してこの名言を切り取って考えてみるとまた違った目線で受け取る事ができそうです。

 

結局のところ、相手を恨んでも相手が変わるわけでもなく、自分の能力が上昇するわけでもありませんし、評判がよくなるわけでも無いのです。

 

何一つとして恨んだ人は特をしないということなのでしょう。

 

人を恨むのではなく、人を許し、相手の事を考える事が結果として自分の成長につながる事をカラヤンは知っていたのかもしれません。

             







             
             

-人間関係の名言
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

怒りたくなったら、自分の心に中止命令を出しなさい。「わたしはいま怒ろうとしています。怒る理由はもちろんあるのですが、わたしは忍耐強い人間です。怒るより許して相手にわからせます」。

怒りたくなったら、自分の心に中止命令を出しなさい。「わたしはいま怒ろうとしています。怒る理由はもちろんあるのですが、わたしは忍耐強い人間です。怒るより許して相手にわからせます」。 アイルランド出身の宗 …

夢をバカにする人間から離れなさい。 器の小さい人間ほどケチをつけたがる。

夢をバカにする人間から離れなさい。 器の小さい人間ほどケチをつけたがる。 真に器量の大きな人間は、”できる”と思わせてくれるものだ。 アメリカの作家、小説家であるマーク・トウェ …

【人を許す強さを知る名言】まず他人を許してからでないと本当に自分を許すことはできません。

まず他人を許してからでないと本当に自分を許すことはできません。 アイルランド出身の宗教者であるジョセフ・マーフィーの名言です。   ジョセフ・マーフィーはアメリカで活躍し、主に牧師として活動 …

誰からも良い人だと思われることを目指すと、誰からもどうでもいい人になってしまいますよ。だからこれからは、 嫌われる勇気を持ちなさい。

誰からも良い人だと思われることを目指すと、誰からもどうでもいい人になってしまいますよ。 だからこれからは、 嫌われる勇気を持ちなさい。 AKBグループや欅坂46などのプロデューサーとしても有名な作詞家 …

友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、 それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。

友人とは、あなたについてすべてのことを知っていて、 それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。 アメリカの思想家、作家であるエルバート・ハバードの名言です。   誰もが一度は人間関 …