仕事の名言 失敗・挫折の名言 悩み・精神の名言

【仕事のストレス解消のための名言】君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。

投稿日:2017年9月14日 更新日:

君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。

経営の神様、松下幸之助の名言です。

 

松下幸之助はビジネスにおいて励まされる言葉をいくつも残しています。

 

自分の人生ですので、ストレスの感じ方は自分次第です。

 

人間だれしも、どん底まで落ちたら後は登るしか道はありません。

 

何をしても前に進むことに違いありませんので、「いまが最悪」だと自覚することは一見するとネガティブに思えますが、ストレスを解消する上で実はポジティブな考え方です。

 

ストレス解消の基本は「自分より下がいる」という考え方をしないこと

自分ではいまが最悪だと思っているが、ふたを開けてみればまだまだ下があるかも知れません。

 

「人と比べたらまだ自分は甘い」とか、「誰々よりは自分はまだマシ」なんてことをもし考えているようであれば、近しい誰かを引っ張り出して自分を正当化するのはやめた方がいいでしょう。浅ましい人間になってはいけません。

 

なぜなら、一次的に気持ちが楽になるかも知れませんが、「自分より下がいる」という考え方は自分で自分の可能性にふたをしている事に変わりないからです。

 

上を見ずに下ばかりを見て心の安静を得ていたら、いつしか上を向く事が億劫になってしまい、後ろ向きなエネルギーで自分の周囲をいっぱいにしてしまいます。それは結果的に自分のストレスを増やすことになります。

 

ネガティブな言葉を口にしていると、自然と行動もネガティブに寄ってしまうものです。気持ちが後ろ向きになってしまってはストレスを感じる一方です。人間とはそういうものです。

 

そして下しか見ないことで、どん底まで来てもさらにそのどん底を探すことを繰り返すでしょう。それでは「最悪」にきりがありません。いつまでもストレスや嫌な気持ちに苛まれるでしょう。

 

まずは自分と人とを比べるのをやめ、人の不幸を探してネガティブな言葉を口にするのもやめてしまいましょう。そうすれば上を見ることができ、どん底にいる自分を想像していまが「最悪なんだ」と自覚出来れば、ストレスを開放できる人間になるスタート地点です。

 

仕事のストレス解消のカギは「自分には可能性しかない」ことに気付くこと

人間は成長を感じられたとき、達成感や高揚感を得て気持ちが満たされます。成長するためには当然ですが成長機会が必要になってきます。反対に、成長機会を感じないときはストレスを感じます。

 

成長とは、今の自分よりも何かを出来るようになることです。

 

「昨日の自分にはできなかったことが今日明日にはできている」

 

つまり成長機会とは、悪い状況のときほど得やすいものということです。

 

「自分の目の前には成長する機会しかない」ということは、達成感や高揚感を得られるチャンスしかないということなので、あなたが今最悪の状況であればそれは幸せなことなのです。

 

もちろん、どん底にいる間はとてもつらい思いをしますしストレスを感じます。要は自分の考え方次第なのです。

 

「どん底にいるから光が見えない」ではなく、「どん底にいるから上を向く以外ない、だから余計なことはどうでもいい」とポジティブに考えてみましょう。

 

自分には可能性しかないことを自覚できれば、今まで感じていた仕事のストレスは、ただ自分を不幸にするためのものではない事に気付くでしょう。

 

仕事のストレスは筋トレと同じで、成長を目前にした一時的な負荷にすぎませんし、成長するためには誰でもが感じて当たり前のものなのです。それが人間です。

 

あなたが仕事でストレスを感じているのであれば、それが解消されるのは時間の問題でしょう。なぜならいま最悪なあなたは何をしても人間として成長するのですから。

 

まとめ:名言から学ぶストレスを解消する考え方

「自分には可能性があって、いまが最悪な自分には成長の可能性しかない」ということを、言葉に出して言ってみましょう。

 

ストレスをため込んでしまう、ストレスを感じやすい人は悪い時に不幸探しをしてしまう傾向にあります。

 

ストレスを解消しやすくするためには、考え方そのものを変える必要があります。

 

松下幸之助の名言は、このことを教えてくれています。

 

最悪の状況はストレスを生むが、それは成長機会であり成長はストレスを開放するものだと考えるクセをつけましょう。

             







             
             

-仕事の名言, 失敗・挫折の名言, 悩み・精神の名言
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グッドなプレーヤーとグレートなプレーヤーを分けるのはメンタリティだ。

グッドなプレーヤーとグレートなプレーヤーを分けるのはメンタリティだ。 2017年7月21日に行われた『CLUTCH BUCKET 東京』に登場したカイリー・アービングが、同イベント内でのクリニックで発 …

【死にたいときに救われる名言】何度も何度も傷つけられたら、 相手を紙やすりだと思えばいい。

何度も何度も傷つけられたら、 相手を紙やすりだと思えばいい。 多少、擦り傷は受けれど、 自分はピカピカになり、 相手は使い物にならなくなる。 アメリカの俳優・脚本家であるクリス・コルファーの名言です。 …

【挫折・失敗を経験した人への名言】これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。

大学で怪我をしたときも挫折とは思わなかったし、 デンマークやフェニックスでカットされたときも、 これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。 そのとき一生懸命やった結果がそうなったの …

謙虚は上達への一番の近道ってね。

謙虚は上達への一番の近道ってね サッカー漫画の”ホイッスル”に登場する、椎名翼が主人公の風祭将に発した名言です。   椎名は将のメンターのような立ち位置で、ライバル校の生徒ながら将に様々なア …

過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。

過ちがないことではなく、 過ちを改めることを重んじよ。 幕末の時代に、思想家・指導者として活躍した吉田松陰の名言です。   大なり小なり誰でも過ちはあるのものです。   今回は「過 …