仕事の名言 悩み・精神の名言

今だから言える事は語るな 墓の中まで持って行け。

投稿日:2017年9月7日 更新日:

今だから言える事は語るな 墓の中まで持って行け

言葉にすれば安い願望と、オーバーに盛った現実

欅坂46の楽曲「語るなら未来を」の歌詞の一部です。

 

欅坂46は、アイドルグループらしからぬダークなパフォーマンスと、辛辣な歌詞が話題となっている人気グループです。

 

この「語るなら未来を」は、欅坂46の中でも特に強めの歌詞となっており印象的な楽曲です。

 

今だから言える事は語るな 墓の名まで持って行け

この曲は、過ぎた事は戻らないから未来に向かうしか道はないといった、ネガティブな言葉選びながらもリアリティのある歌詞になっています。

 

過ぎてしまったことはその時が全て、後からあうだこうだ言っても事実は変わりません。

 

それは当事者も周囲を取り巻く関係者も同じことであり、その時に選べなかった未来はについて語る事は不毛です。

 

今だから言える事とはつまり、多くの場合、選びたかった未来を選べなかったことへの言い訳でしかないのです。

 

誰にとっても、後付けの言い訳は共感できるものではありません。

 

言葉にすれば安い願望と、オーバーに盛った現実

なぜ、今だから言えることが言い訳になってしまうのか。

 

それは、その言葉の中に”願望”と”承認欲求”が含まれるからです。

 

どれだけ事実であったとしても、自分が思っている以上に周囲はネガティブに捉えるもので、言葉以上に安く映るものです。

 

今の自分を認めてほしいという思いがどこかにあり、それが話をオーバーにしてしまいがちなのでしょう。

 

そうあって欲しかったという”願望”と、ありたかった自分像が”欲求承認”となって後付けの言い訳となります。

 

元に戻せないものに縋っても意味がない

ガラス瓶 落として割れたら
元になんて戻せないんだ

何が入ってたかなんて 明かしても意味がない
アスファルトの上広がった ただの黒い染み

過ぎてしまったことは変えようのない事実として残ります。

 

それがどうだったかなんていうのは、前に進むための振り返り程度にして、未来へ意識を向けることです。

 

もう 失った人生なんて語るな
ほんの一部でしかないんだ
手に入れたのは脆(もろ)い現実と
飾られた嘘のレッテル
破片(かけら)を拾い集めるな
語るなら 未来を…

 

失ってしまったことに執着する気持ちは誰にでもあります。

 

しかし、それはもう過ぎた事であり、人生のほんの一部であったと心の中で決着をつけて気にするのはもう止めましょう。

 

今が望んだものではなかったとしても、道は前にしかありません。割れたガラスはもうどうでもいいのです。

 

ここから先の未来で出会う何かだけを考え、失ったものは切り捨てていきましょう。

 

それが、確実に一歩を踏み出すための気持ちの整理です。

             







             
             

-仕事の名言, 悩み・精神の名言
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【前向きになれる名言】一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること。

「一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること」 メンゴモリ   ・失敗するのが怖い ・挑戦して結果がでなかったら嫌だ ・やるからには必ず勝ちたい   生きて行く上で、 …

【ストレスを解消する名言】自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。

自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。 考えても仕方ないことだから。自分にできることだけに集中するだけです。 元プロ野球選手の松井秀喜選手の名言です。   ストレスの多くは直接 …

【失敗したときや苦しいときに救われる名言】チャンスは、苦境の最中にある。

チャンスは、苦境の最中にある。 ドイツの理論物理学者であるアルベルト・アインシュタインの名言です。   失敗するのが怖い。   失敗して人から笑われるのは我慢できない。 &nbsp …

シンプルであることは、複雑よりも難しい。

シンプルであることは、複雑よりも難しい Appleの創始者であるスティーブ・ジョブスの名言です。   あれやこれやと色々と考えてしまい、止めどない感情や考えに翻弄されてしまい、思考の袋小路に …

【努力を続ける人への名言】弛まない努力をし続けることで素晴らしいことが起こる。言い訳はするな。

僕と自分が成功しないのを他人のせいにしている怠け者とには全く共通点がない。 弛まない努力をし続けることで、素晴らしいことが起こる。言い訳はするな NBAプレイヤーであるコービー・ブライアントの名言です …