人生の名言 失敗・挫折の名言

【人生を上手くくぐり抜けて行く名言】人生、適当にまけることが大切さ。

投稿日:2017年9月29日 更新日:

全勝を目指しちゃいけないんだ。
人生そんなに上手くゆくわけはないし、
全勝を目指す人は、弱いところがあってね、
1敗いただけなのに折れちゃうことがあるんだ。
人生、適当にまけることが大切さ。

日本の小説家、エッセイストの阿佐田哲也さんの名言です。」

 

生きている限りどのような形にせよ、勝ち負けを意識せざるを得ない瞬間があります。

 

スポーツの試合、大学受験、ギャンブル、就職、会社の昇進、恋愛、、、

 

内容は色々ありますが、今回は生涯をそんな勝負の世界に身をいた阿佐田哲也の名言を紹介させて頂きます。

 

勝負の世界に身を置く人の名言

阿佐田哲也は直木賞を受賞した小説家であり、同時に麻雀を雀聖と呼ばれるほどの人物でギャンブラーとしても有名な人物です。

 

漫画の「哲也—雀聖と呼ばれた男」のモデルとなった人物でもあります。

 

そんなギャンブラーの阿佐田哲也ですが、自身がギャンブラーということもあり、ギャンブルにちなんだ名言を残しています。

 

しかし、勝負の世界に身を置いていた阿佐田哲也の言葉は、人生という長いスパンで考えたときに示唆に富んだ内容となっています。

 

完璧を目指すが故に、もろくなる事も

勝負の世界において、常に勝ち続けることはできません。

もちろん勝ち続ける事ができるのであればそれにこした事はないですが、そこに絶対はありません。

 

いつかは必ず負ける日が来てしまうのです。

 

阿佐田哲也は勝負の世界において完璧、つまり全て勝とうとする人は時としてその気質に脆さを抱えてしまう可能性があり、一度の挫折で折れてしまうことがあると説いています。

 

何がおこるか分からない世の中なら、しなやかに対応出来る方が良い?

 

完璧を求めすぎるが故に、どこかの表紙でポッキリ折れてしまうのであれば、いっそのことある程度こころに余裕を持ち、負けてもその後立ち直れるような気構えの方が、人生を上手くわたって行けるのかもしれません。

 

ギャンブルの世界で全てに勝つ事は決してできません。結局のところ最後に立っていた物が勝ちの世界なのかもしれません。

 

そういった意味では、人生もその場その場で勝ち負けが決まってしまい、その時はそれが自分の全ての様に思ってしまいがちですが、大きな視点から見ると必ずしもそうで無いのかもしれません。

 

近視眼的な考えではなく、大きな視点で物事を見る事の重要性を教えてくれるそんな名言です。

             







             
             

-人生の名言, 失敗・挫折の名言
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ストレスを解消する名言】自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。

自分にコントロールできないことは、いっさい考えない。 考えても仕方ないことだから。自分にできることだけに集中するだけです。 元プロ野球選手の松井秀喜選手の名言です。   ストレスの多くは直接 …

勝者のメンタリティ”を醸成するNBAの名言まとめ

スポーツの世界では勝者に共通するものが存在します。   それはメンタリティです。   強いメンタルを持つ彼らは、メンタルの重要性を理解しています。   多くのNBAレジェ …

僕の動きはどれも一流選手から盗んだものばかりさ。僕は報いたいんだ、動きを教えてくれた先人たちにね。

僕の動きはどれも一流選手から盗んだものばかりさ。僕は報いたいんだ、動きを教えてくれた先人たちにね。すべては試合ためさ。試合は僕自身よりずっと大事なんだ 2016年に引退したNBAにおけるレジェンドの一 …

【前向きになれる名言】一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること。

「一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること」 メンゴモリ   ・失敗するのが怖い ・挑戦して結果がでなかったら嫌だ ・やるからには必ず勝ちたい   生きて行く上で、 …

好きな事だけじゃ生きていけないとか言うけどよ。。

好きな事だけじゃ生きていけないないとか言うけどよ。。好きじゃねえ仕事毎日8時間もやって頑張って生きて行く気合はあんだろ?なら好きな事に毎日8時間努力できたら絶対もっと幸せになれるわ。。好きじゃない事我 …