仕事の名言

自分が変わらずに、世界は変わらないよ。

投稿日:2017年9月4日 更新日:

自分の住む世界を変えたいんだよね、君は。それを人に頼むんだ?自分が変わらずに、世界は変わらないよ

2013年に日本テレビで放映されたドラマ「泣くな、はらちゃん」に登場する、百合子さん(薬師丸ひろ子)のセリフ(名言)です。

 

漫画の世界から、現実の世界へ飛び出したはらちゃん(長瀬智也)が、自分たちの世界を作った越前さん(麻生久美子)に幸せになるよう迫ります。

 

「越前さんが笑えば、漫画の世界は輝く」

 

そう信じているはらちゃんですが、越前さんには相手にされません。

 

そんな時に、百合子さんははらちゃんにこのセリフを言いました。

 

周りを変えるより、自分が変わった方が早い

人の目標や夢は、決して一人では実現できません。

 

その途中には必ず誰かが関わっているもので、自分がコントロールできる範囲は限られています。

 

ですが、だからと言って周囲の環境が変わることを待っていたら、それは永遠に叶わないでしょう。

 

周りの環境を変えるためには、自分が変わるのです。

 

作中で、現実の世界をドンドン知っていったはらちゃんは、越前さんを幸せにするために試行錯誤します。

 

初めは、漫画の世界の常識だけで越前さんとコミュケーションを取ろうとしていたはらちゃんですが、それでは越前さんは動かせないと知ります。

 

自分の世界を明るくする=越前さんが幸せになることだと思っていたはらちゃんは、いつしか越前さんを愛し、越前さんのために自分自身が変わっていきます。

 

そうする事で、現実世界の他の人や環境もはらちゃんの味方になっていき、元々の目標に向けて追い風が吹いていきました。

 

自分が変わると、見える世界が変わる

見える世界が変わると、様々な角度からのアプローチがあることに気付きます。

 

それまでは不思議と見えなかった、複数の選択肢が広がります。

 

越前さんの傍に居続けたいと願っていたはらちゃんは、最終的に越前さん自身のマインドを前向きすることで、安心して自分の世界(漫画)ぬ戻ることを決めます。

 

はらちゃん自身が現実世界の常識を身に付け変わったことで、越前さんも、ひたすら純粋なはらちゃんによって強い人間に変わります。

 

そして結果的に、はらちゃんの世界は輝きました(当初の目的が達成された)。

 

初めはわからなかった現実世界のことも、越前さんのことも、少しずつわかっていく中で理解が深まり、新しい疑問をいだきながらも素敵な関係を築いていきます。

 

「自分が変わらずに、世界は変わらないよ」というセリフは、他人に任せていたら、夢は叶わないことを優しく教えてくれています。

             







             
             

-仕事の名言
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【生きる意味を知る名言】自分の為に死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつの為なら命をかけられるって友達が1人でもいる方が人間としては幸せだと思う。

自分の為に死んでくれる人間が何人いるよりも、 そいつの為なら命をかけられるって友達が1人でもいる方が人間としては幸せだと思う タレント、映画監督としても活躍されている北野武さんの名言です。 &nbsp …

【仕事のストレス解消のための名言】君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。

君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。 経営の神様、松下幸之助の名言です。   松下幸之助はビジネスにおいて励まされる言葉をいくつも残しています。   自分の …

【前向きになれる名言】一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること。

「一生懸命やって勝つ次にいいのは、一生懸命やって負けること」 メンゴモリ   ・失敗するのが怖い ・挑戦して結果がでなかったら嫌だ ・やるからには必ず勝ちたい   生きて行く上で、 …

シンプルであることは、複雑よりも難しい。

シンプルであることは、複雑よりも難しい Appleの創始者であるスティーブ・ジョブスの名言です。   あれやこれやと色々と考えてしまい、止めどない感情や考えに翻弄されてしまい、思考の袋小路に …

前進できぬ駒はない。

前進できぬ駒はない 将棋棋士の中原誠さんの名言です。   仕事に行き詰まってしまったとき。 家庭での居場所を無くしたとき。 恋人と上手くいかなかったとき。   生きている限り、様々 …