人間関係の名言

【人間関係で悩んでいるときに知りたい名言】人は誰でも、 他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。

投稿日:2017年9月26日 更新日:

人は誰でも、 他人よりも何らかの点で
優れていると考えていることを忘れてはならない。
相手の心を確実に掴む方法は、 相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、
あるいは心から認めてやることである。

アメリカの作家であり、企業トレーニングなども務めたデール・カーネギーの名言です。

 

・どちらかというと自分は平均より能力が高いと思っている。

・まわりの人の頭が悪いと感じるときがある。

・なぜ自分より無能な人が評価されているのか理解に苦しむ。

 

そんな事を考えて、気がつけば周りの人間関係がぎこちなくなってしまっている。

 

頭の中で考えている事は、いつの間にかそのまま行動に出てしまい、周りの人間関係にも影響を及ぼしてしまいます。

 

今回は、このように人間関係に悩みがちな人に向けて、役に立つデール・カーネギーの名言をご紹介させて頂きます。

 

自分は周りの人間より優れていると思っていませんか?

人と関わって行く中で、どうしても周りの人の行動や発言に対して、粗ばかり見えてしまい、知らないうちに自分は周りより優れていると感じる事はありませんか?

 

そして、自分の周りの人の能力や頭の回転が遅く見えてしまい、相手を低く見てしまう事はありませんか?

 

そういった態度は意図しないうちに態度に出てしまい、結果としてそれが相手に知られてしまうと、その人との人間関係は途端にぎこちなくなってしまいます。

 

もしかししたらこの記事を読んでいるあなたは人より確かに優秀なのかもしれません。

 

しかし、人間関係を円滑にしたいと考えているのであれば、デール・カーネギーの名言を考えてみましょう。

 

デール・カーネギーは現代でも人気のある著書「人を動かす」の著者で、どのような時に人が動きたくなるのか、マネジメントやコーチングに関する著書を多く残している人物です。

 

今回の名言からは、デール・カーネギーの人間関係構築に関する考え方が伺えます。

 

どうしても人の良いところより悪いところに目がいきがちなもの

良いところよりも悪いところの方がどうしても目が行ってしまいがちです。

 

しかし、完璧な人は存在しません。

 

自分が相手より優れていると考えていても、どこかしらその相手の方が優れているところがあるものです。

 

それは、相手を思いやる気持ちや、勤勉さ、もしくは計算するのが早かったりとなかなか一瞥してわかるものでは無いかもしれません。

 

自分が相手より優れている部分ばかりを見つけ、それを誇り誇示するのではなく、相手が自分より優れている部分を見つけ、そこを認めるのが相手との人間関係を円滑にする上で重要だとデール・カーネギーは説いています。

 

良い人間関係を築きたいなら、相手の優れているところをちゃんと認めよう!

人はどうしても自分より下みて安心をしてしまいがちです。

 

そうすることで、自分はまだ大丈夫、自分より不幸な人や、能力が低い人がいるから、、、とそこに安心を求めてしまいます。

 

しかしその事に意味はありませんし、周りの人間関係に悪影響を及ぼしかねません。

 

仮に、そのように周りの人を下に見る事で成立しているグループにあなたがいるのであれば、今は良いかもしれませんが、長期的にみたときにあなたが得られる恩恵は少ないでしょう。

 

実りの多い人間関係を構築したいのであれば、どれだけ見え難くとも、相手が優れているところ素直に認める事が重要です。

             







             
             

-人間関係の名言
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢をバカにする人間から離れなさい。 器の小さい人間ほどケチをつけたがる。

夢をバカにする人間から離れなさい。 器の小さい人間ほどケチをつけたがる。 真に器量の大きな人間は、”できる”と思わせてくれるものだ。 アメリカの作家、小説家であるマーク・トウェ …

【人を許す強さを知る名言】まず他人を許してからでないと本当に自分を許すことはできません。

まず他人を許してからでないと本当に自分を許すことはできません。 アイルランド出身の宗教者であるジョセフ・マーフィーの名言です。   ジョセフ・マーフィーはアメリカで活躍し、主に牧師として活動 …

【人間関係の悩みやストレスを減らせる名言】落ち着け。 人を恨んで自分をダメにするな。

落ち着け。 人を恨んで自分をダメにするな 20世紀を代表するオーストラリア出身の指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンの名言です。   人を呪わば穴二つ   ひどい事をされたり、 …

人の落ち度は、 許すより忘れてしまえ。

人の落ち度は、 許すより忘れてしまえ。 日本初のヨーガ行者である実業家の中村天風の名言です。   シンプルな言葉ですが、許すより忘れてしまう方がよいのはなぜか。考えすぎてしまう性格の人は特に …

【人間関係を円滑にする名言】あの人はあれでもベストをつくしているのだ。

だれかを裁きたくなったら、黙って自分に言い聞かせましょう。 「あの人はあれでもベストをつくしているのだ」と。 それから、そんな自分を許しなさい。 アメリカの組織心理学者であるマーシャ・シネターの名言で …