人間関係の名言

【友達がいない少ない人への名言】自分にとって大切なことは、他人が自分のことをどう考えているかということではなく・・・

投稿日:2017年9月29日 更新日:

自分にとって大切なことは

他人が自分のことをどう考えているかということではなく

自分が彼らのことをどう考えているかということだ。

フランスの文学者・政治家であるシャトーブリアンの名言です。

 

友達が少ない、いないと自覚している人には2つの種類がいます。

 

1つ目は、友達を増やしたいと思っているのに上手くいかず悩んでいる人。

 

2つ目は、自ら望んで友達を作らない人です。

 

友達がいないのは楽?つらい?

悩みを聞いてもらえる、楽しい時間を共有できる、友達の存在価値は多岐に渡りますが必ずしもいた方が充実する訳ではありません。

 

友達がいるが故に人間関係で悩むこともあるだろうし、繋がりの数だけ、人からどう思われているか気を張ってしまうものです。

 

友達は多い方がいいのか少ない方がいいのか、それはもちろん当人の性格や生活によるところですが、しっかりと付き合い方を考えてコミュケーションを取っていれば友達はいた方が結果的にいろんな面で楽になります。

 

人は一人では生きていけない生き物です。巡り巡って他人との助け合いの中で日々を暮らしています。助け合える繋がりが多ければ多いほど、様々な場面であなたを不幸から守る手段になるでしょう。

 

そのためには、全ての友達に最大限を望むのではなく、お互いがベストだと考える関係性をしっかりと構築することです。何の気なしにできた友達では、あなたを良くも悪くもするでしょう。どっちに転ぶ可能性も秘めたギャンブルです。

 

友達なんていない方が楽だと感じるのは、あなたが周りからどう思われているかに固執しているからかも知れません。

 

どう思われているかではなく、どう思っているか

内向的な性格の人は、人からどう思われているかについて考えを巡らし、良くも悪くも左右されるものです。

 

しかし、人からどう思われているかを突き詰めることは、決して有意義なものではないです。

 

なぜなら「自分が相手をどう思うか」によって求める関係性や成果を導く方が、状況をコントロールしやすいからです。

 

状況を良くするには2つしかありません。周りが変わるか、自分が変わるかです。

 

周囲の外部環境は自分の意思で変えられるものではなく、人からどう思われているかもそれに近いものです。

 

逆に、自らが変わることなら意思一つでいつでも自分でコントロールできます。変えられないものを待つより、自分で変えられることから期待値をコントロールするのです。

 

あなたが彼らのことをどう考えているのか?

 

それをベースに、お互いにとって無理のない関係性を築く事ができれば、友達の存在はあなたにとって有意義でしかなくなるでしょう。

             







             
             

-人間関係の名言
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

怒りたくなったら、自分の心に中止命令を出しなさい。「わたしはいま怒ろうとしています。怒る理由はもちろんあるのですが、わたしは忍耐強い人間です。怒るより許して相手にわからせます」。

怒りたくなったら、自分の心に中止命令を出しなさい。「わたしはいま怒ろうとしています。怒る理由はもちろんあるのですが、わたしは忍耐強い人間です。怒るより許して相手にわからせます」。 アイルランド出身の宗 …

人の落ち度は、 許すより忘れてしまえ。

人の落ち度は、 許すより忘れてしまえ。 日本初のヨーガ行者である実業家の中村天風の名言です。   シンプルな言葉ですが、許すより忘れてしまう方がよいのはなぜか。考えすぎてしまう性格の人は特に …

【コミュニケーションの本質を知る名言】コミュニケーションにおいては、どちらも対等な関係であるべきだ

コミュニケーションにおいては、どちらも対等な関係であるべきだ サッカー日本代表としても活躍する長谷部誠さんの名言です。   人同士のコミュニケーションは簡単なことばかりではないですね。 &n …

【人間関係の悩みやストレスを減らせる名言】落ち着け。 人を恨んで自分をダメにするな。

落ち着け。 人を恨んで自分をダメにするな 20世紀を代表するオーストラリア出身の指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンの名言です。   人を呪わば穴二つ   ひどい事をされたり、 …

【人間関係で悩んでいるときに知りたい名言】人は誰でも、 他人よりも何らかの点で優れていると考えていることを忘れてはならない。

人は誰でも、 他人よりも何らかの点で 優れていると考えていることを忘れてはならない。 相手の心を確実に掴む方法は、 相手が相手なりの重要人物であるとそれとなく、 あるいは心から認めてやることである。 …