失敗・挫折の名言

挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。

投稿日:2017年9月9日 更新日:

挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。
Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.

ドイツの理論物理学者であるアルベルト・アインシュタインの名言です。

 

20世紀を代表する科学者の1人、アルベルト・アインシュタイン

相対性理論という言葉を聞いた事があるでしょうか?

アカデミックの世界に関係が無い人でもどこかで聞いた事はあるかもしれません。

今回はそんな天才という代名詞として使われる事が多い、アルベルト•アインシュタインの言葉を紹介させていただきます。

 

彼は20世紀において、物理学の世界を大きく発展させた人物の1人です。

 

彼が構築した相対性理論と一緒に語られる物として、量子力学という現在の最新技術の根幹を担っている学問と双璧を担う領域を切り開いています。

 

彼が提唱した相対性理論は、その理論を発表した当時はあまりに斬新すぎたため、ほとんど誰にも受け入れられる事が無かったと伝えられています。

 

それもそのはず、100年の時を経て、一般の人に向けて分かり易く解説されている本を見てみても、その内容を理解するのは正直難しいです。

 

現代の技術体系の根底にある理論、「相対性理論」と「量子力学」

20世紀における科学の進歩は、この「量子力学」と「相対性理論」の2つを抜きに語る事はできません。

 

事実、日常的に使っているスマートフォンやPC、タブレット端末といった電子機器に加えて、気軽に電気を利用できる環境にあるのも、この2つの理論が確立された事によっています。

 

彼が天才と言われるゆえんは、色々と伝えられていますが、簡単にその凄さを表現するのであれば、20世紀を代表する2つの理論において、「量子力学」は様々な科学者が関わり、理論を打ち立て、実験にて観測し、その理論を体系づけたのに対して、この「相対性理論」は殆んどアルベルト•アインシュタイン1人でほぼその理論の根幹を作り上げています。

 

そのような背景からも、彼が提唱していた理論に対して、理解を得られる科学者は少数だったと伝えられています。

 

今でこそ、技術が発展し、アインシュタインが生きていた時代では観測できない領域の測定や分析ができるため、データとして直感的に彼の理論を確認することができます。

 

しかし、そのような客観的な測定がまだ不可能だった時代において、アルベルト•アインシュタインの言葉を受け入れられる事はなかなかに難しいものだったのでしょう。

 

彼はノーベル賞を受賞してはいますが、受賞した業績は「相対性理論」に対してでは無くそれと比較するとささやかな実績でした。

 

もちろん、このときに受賞した内容も重要な内容ではあるものも、100年という時の流れを経て、改めて彼の功績を振り返ってみた時に、どうしてもささやかな実績と思えてしまいます。

 

そういった意味では時代を先取りしすぎていたアルベルト・アインシュタインでしたが、始めから順風満帆という訳ではありませんでした。

 

決して人生、順風満帆ではなかったアルベルト•アインシュタイン

彼は生来から好奇心が強く、自分が納得いかない事に対しては上手く融通をきかせる事ができず、往々にして周りと衝突することも合ったようです。

 

学者としても始めからアカデミックな世界で籍を置くことができず、自身の研究のための環境が始めから容易されている訳ではありませんでした。

 

彼の人生は栄光ばかりではなく、挫折とともにありました。

 

時代を先取りしすぎたが故に、周りから理解を得る事ができず、苦しい時期を過ごしていることや、また、一番始めの結婚生活では上手く行かず、家庭環境でも苦しい時期があったようです。

 

しかし、自身の好奇心のままに、精力的に研究を続け、自身が立てた理論に対して仮説を行い、その検証の一部を自身で行った事で、彼の理論「特殊相対性理論」は日の出を浴びました。

 

それでも重箱の隅をつつくように彼の理論に対して否定的な主張をする科学者ももちろんいましたが、挫折を繰り返してもめげず、想像力を駆使する事で、全く新しい理論を構築するべく挑戦を続けた事で、彼の理論は100年の時を経ても、現代の科学者達の研究対象の1つとして生き続けています。

 

挑戦がなければそもそも挫折は無い!

そんな、彼が言ったこの言葉には、自身の人生を通じて感じた教訓や経験から出ているような気がしてなりません。

 

彼の言葉は、ジャンルは違えども、時代を超えても彼の言葉は多くの人に届き、そして様々な学びと教訓を投げかけてくれます。

 

もしあなたが、「挫折した」と感じる事があったら、その気にこの言葉を思い出してみましょう。

 

意識、無意識かは分かりませんが、きっと何かに挑戦した事によって生じた結果なのですから。

             







             
             

-失敗・挫折の名言
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【努力が自信になる名言】努力して結果が出ると、自信になる。 努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力して結果が出ると、自信になる。 努力せず結果が出ると、傲りになる。 努力せず結果も出ないと、後悔が残る。 努力して結果が出ないとしても、経験が残る。 発言者は不明の言葉ですが、努力することは必ず前 …

【借金返済をネガティブに考えている人をポジティブにする名言】自分という資源を生かすことが大事。人との時間の使い方を大事にすれば、お金はいつかついてくる。

自分という資源を生かすことが大事。人との時間の使い方を大事にすれば、お金はいつかついてくる。 俳優・タレントである石田純一さんの名言です。   借金があると月々の返済を考えないといけないので …

【失敗したときや苦しいときに救われる名言】チャンスは、苦境の最中にある。

チャンスは、苦境の最中にある。 ドイツの理論物理学者であるアルベルト・アインシュタインの名言です。   失敗するのが怖い。   失敗して人から笑われるのは我慢できない。 &nbsp …

【挫折・失敗を経験した人への名言】これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。

大学で怪我をしたときも挫折とは思わなかったし、 デンマークやフェニックスでカットされたときも、 これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。 そのとき一生懸命やった結果がそうなったの …

【自分を諦めないための名言】多くの場合、諦めに至る理由は、自分に何の力もないと思ってしまうことだ。

  多くの場合、 諦めに至る理由は、 自分に何の力もないと思ってしまうことだ。 アリス・ウォーカー   チャレンジしていることに対して諦めてしまう瞬間ってありますよね? ちょっと思い出してみ …